引越しは通算5回

私は引っ越しを5回経験しております現在43歳ですが、引っ越しはなかなか慣れません。ストレスはたまるし、お金はどんどん減るし、心を鬼にして物を捨てなければならないし、いろいろ考えると憂鬱になりますよね。同じように考えてらっしゃる方も多いと思いますので、時期、お金、梱包の3点でお話しします。

まず1点目ですが、時期。引っ越しのシーズンはご存知の通り2~3月と実は8月もなのです。2~3月は当然かと思い腹をくくりましたが、まさか8月も引っ越しシーズンとは思わず油断してしまいました。なので、単身パックなのに10万だったり値引きしてもらっても8万だったりとかなり家計にダメージを与えます。(仕事を辞めて実家に帰るところだったので、住民税や、健康保険などいろいろかかります。)引っ越しの時期はお金がとにかく減ったのでかなり気分がふさぎ込みました。従って、引っ越しをするならできれば早めの方がいいでしょう。繁忙期を迎えると引っ越し屋さんも強気になるので、なかなか話をするのが大変です。
2点目はお金に関してです。単身パックだと5万から8万が相場でしょう、関西圏内等近距離だともっと安くなります。ただし、遠距離であったり、業者によっては居住エリアによって別途手数料を取ってきます。金額は提示された金額だけでなく、追加手数料も考慮しましょう。例えば、自転車を持ち運ぶ際は15000円余分に手数料を取られました。また、実家が山肌の田舎の地域なので、そこまで行くのに別途手数料を要求されたこともありました。引っ越しをするときは一つの業者のみでなく、複数の業者に依頼するのが正攻法です。

3点目は梱包です。業者によっては梱包も行ってくれるところもあるのですが、単身パックの場合自分でしなければなりません。しかも予定してたより段ボールの数が多くなることもあります。ここで私が使った方法はタオルや肌着、下着(男性なので)は食器や、硬いもの、小物を入れる段ボールの中にクッションとして入れました。これで、引っ越し中に請われる可能性が減りますし、段ボールの節約になります。また近距離でしたら、バックパックやスーツケールに入れて自分の足で引っ越し先に行くのも方法です。京都から大阪に引っ越しするときもこの方法を取りました。最後に、単身者の場合荷物があまり多くない時もあるかもしれません。その時は思い切って自分の車で全部運ぶか、ゆうパックで郵便局に依頼してもいいかもしれません。ご参考になれば幸いです。

Back to Top